acromaster.jpg (9319 バイト)

■水平尾翼及び垂直安定板の取り付け■

acro12.jpg (39728 バイト)

■水平安定板を仮組みして正しい取り付け状態であるかどうかを確
認します。

acro13.jpg (19215 バイト)

■仮に画像のように主翼に対して平行でない場合は必要な修正を加
えて下さい。

acro14.jpg (23342 バイト)

■修正方法として、僅かな狂いであれば接着時に反対方向へ力を
加え瞬間接着剤(低粘度)でつければ修正可能ですが、ある程度の
狂いはバルサ等のカイモノを入れて修正する必要があります。

acro15.jpg (26599 バイト)

■薄く削ったバルサ材を水平尾翼の加減を見ながら瞬間接着剤で
接着します。

acro16.jpg (18651 バイト)

■この状態になるまで修正を行なって下さい。この部分を疎かにす
ると癖が出た飛行になってしまい、本来のF3A機としての性能が発揮でき
ません。

■胴体に入るフィルム面にマチ針で10mm間隔程度に穴を空けて瞬
間接着剤(低粘度)を染み込ませ、フィルムの接着と同時に生地の
強化をしておきます。
また、上下ライン内側のフィルムをカットし生地を出しエポキシ接着
剤で胴体に接着する方法でも構いません。
尚、瞬間接着剤を使用し接合した場合でも充分な強度が得られま
すので問題はありません。

■瞬間接着剤(低粘度)は丁寧に少量づつ上下フィルム面に付けて
下さい。一度に大量に付けると流れ出したりすることがあります。

acro17.jpg (20651 バイト)

■胴体に入るフィルム面にマチ針で10mm間隔程度に穴を空けて瞬
間接着剤(低粘度)を染み込ませ、フィルムの接着と同時に生地の
強化をしておきます。
また、上下ライン内側のフィルムをカットし生地を出しエポキシ接着
剤で胴体に接着する方法でも構いません。
尚、瞬間接着剤を使用し接合した場合でも充分な強度が得られま
すので問題はありません。

acro18.jpg (18041 バイト)

■瞬間接着剤(低粘度)を垂直安定板の取り付け溝から水平安定板
上面と胴体部分との接着面につけ、水平安定板下面と胴体側面との
接着には胴体を横にして接着します。

左右の傾きを修正したために胴体側板との隙間が空いた場合は中
・高粘度の瞬間接着剤で埋めてもよいのですが、主翼の接着の時と
同様に接着ライン両側にマスキングテープを貼っておいてからエポ
キシ接着剤で埋めても構いません。
なお、エポキシ接着剤で水平安定板を接着する場合は同様にマスキ
ングテープを貼りエポキシ接着剤をドライヤーで熱を加え、水平安定
板を若干こじるようにし僅かな隙間を作りながら、エポキシ接着剤を
流し込むことでも接着可能です。

acro21.jpg (24640 バイト)

■垂直尾翼先端部も同様にマチ針で穴をあけ瞬間接着剤(低粘度)
を染み込ませておきます。

acro22.jpg (25252 バイト)

■胴体側は予め仮止めして接着範囲をマーキングしておきます。そ
の上で上記同様の作業を行なって下さい。

acro23.jpg (21152 バイト)

■水平尾翼(主翼)に対して直角でなくてはなりません。