acromaster.jpg (9319 バイト)

■引き込み脚・尾輪の取り付け■

acro46.jpg (44822 バイト)

■引き込み脚ユニットの作動ストロークを測っておきます。

acro47.jpg (41532 バイト)

■引き込み脚サーボは180度回転します。サーボホーン両端ロッド
位置の距離と先程の作動ストロークが同じくなる様に対角線上の穴
を探します。ない場合は、何の穴も空いていないサーボホーンを用
意し作動ストローク分の穴を両端に空けます。

acro48.jpg (24900 バイト)

■付属のサーボ室ですが前後がありますので注意して下さい。

acro49.jpg (40388 バイト)

■サーボホーンにロッドホルダーを付けます。この部分が緩むと
トラブルになりますので、瞬間接着剤かネジロックを使用して緩み
が出ないようにして下さい。

acro50.jpg (41294 バイト)

■付属のサーボマウントの底を削って(サーボの高さギリギリまで)
下さい。削らない状態ですと主翼のプランク材に当たります。

acro51.jpg (26951 バイト)

■サーボホーンが当たりますので画像のようにカットして下さい。

acro52.jpg (36662 バイト)

■左右ロッドが当たる部分をカットして下さい。

acro53.jpg (39942 バイト)

■このような状態で組み込みます。

acro54.jpg (28795 バイト)

■サーボ室底の部分と、主翼上面プランク材との接点にエポキシ
接着剤で固定して下さい。ロッドは互いに90度で曲げて適当にカット
して下さい。
なお、引き込み脚用のサーボは必ず専用の物を使用して下さい。通
常のサーボは代用できません。

acro55.jpg (19192 バイト)

■引き込み脚ユニット側は通常のアジャスターで連結して下さい。

acro56.jpg (20100 バイト)

■作動を確認してカバーを瞬間接着剤(低粘度)で固定して下さい。
なお、脚収納部にIM製カップインナー(#50255)を貼っておきますと
ショックを緩和し飛行中にも空転しないために音が出ません。

acro61.jpg (23906 バイト)

■標準添付の尾輪

acro62.jpg (29908 バイト)

IM製ETAコイルスプリング尾輪B(#33083)を使用するとスタイルも機
能的にもアップします。