■主翼と胴体を合わせる■

組みあがった主翼を胴体にウイングボルトを使用して仮止めします。

エレベータを正しく(左右均等に)仮止めして、写真のように左右の寸法に狂いが無いか確認します。

垂直尾翼も仮止めして水平尾翼とは直角に、主翼とは並行に狂いが無いか確認します。もし、狂いが生じている場合は、胴体側を少しずつ削って修正します。

また、エレベータとの寸法に狂いが出ている場合は、写真のウイングボルトの穴を広げ正い位置に修正します。

ウイングボルトの補強板を接着するための位置をマーキングします。

内側のフィルムをカットして補強板を瞬間接着剤かエポキシ接着剤で接着します(瞬間接着剤でも強度的には何ら問題はありません)

主翼下面のカバーを接着するためにその位置をマーキングします。

接着部分のフィルムに針で穴をあけて下地のバルサとの密着を図ります。

瞬間接着剤(低粘度)で少しずつ接着して行きますが、多く付け過ぎると接着剤が流れ出てフィルムを汚しますので注意してください。

垂直尾翼も同様に接着します。

フィンも接着部分にマーキングをし同様に接着します。

水平尾翼も同様です。