■ヒンジの取り付け■

「IM/PP-M」ヒンジは材質がPP(ポリプロピレン)なので、そのままでは接着が利きませんからヒンジ平面部分を#60〜#80程度の荒いサンドペーパーで擦って荒せば瞬間接着剤(低粘度)での接着が可能です。

エルロン・エレベータ・ラダーの各ヒンジは3つを使用します。各ヒンジ溝入り口にはV断面にカットされていますから、その周辺のフィルムを溝に沿って3mm幅×25mm長位の大きさに切り取ります。
最初に各舵面のヒンジ溝にヒンジを差し込んでヒンジの折り曲げラインを正しく一直線にします。
ヒンジを接着した可動部(エルロン・エレベータ・ラダー)を各翼と組み合わせて、ヒンジ溝がずれているようならカッターナイフで修正した後、隙間をできるだけ狭く、舵面の動きに支障がないように調整し、瞬間接着剤(低粘度)で接着します。