■エンジンマウントとエンジンの取り付け■

エンジン取り付けにはサイドとダウンスラストが必要になります。この機体の場合は機首の防火壁(バルクヘッド)には取り付け角度がついてませんから、テーパーに削ったベニヤスペーサーを使用してT型エンジンマウントを取り付けエンジンを搭載します。
スペーサーは正面から見て左下(画像青い部分)に最も薄い部分が来るように仮組みして下さい。

防火壁には予め裏側から爪付きナットが打ち込んでありますので付属のボルトでマウントをしっかり固定してください。

エンジンを仮組みして防火壁からエンジンのドライブワッシャーまでの間隔を122mmにセットします。

エンジンマウント位置に予めマーキングして固定用のタッピングビスの下穴を2mm〜2.3mmのドリルで空けます。