■FRPカウルの加工と取り付け■

左右のクリヤーカウルをテープなどでつないで胴体に合わせて必要な部分をカットします。そのために先ずは、カットラインを大よそ描き実際に切り取ってエンジンやその他の突起物が当たらなくなるまで繰り返します。

実際に合わせながら細かいところを修正していきます。

カウルとスピンナーバックプレートの隙間を適当に取り胴体にカウルを止めるタッピングビスの下穴を空けます。

実際にマフラー・ニードルを取り付けて当たる部分がないか確認します。