g202.gif (3694 バイト)

■エルロンリンケージ■

page04-01.jpg (40584 バイト)

■エルロン用延長コードの抜け防止のために付属の収縮チューブ
をコネクターに被せドライヤーで熱を加えてください。画像右下のよ
うな状態になり引っ張っても抜けることがありません。

page04-02.jpg (19240 バイト)

■エルロンコードを通すために予め通してある糸にコネクタを結び
つけエルロンサーボをベッドに仮止めします。(エルロンサーボのサ
イズによってはベッドを削る必要があります)ドリルで下穴を空けて
下さい。

page04-03.jpg (21947 バイト)

■空けた穴の部分に瞬間接着剤(低粘度)を染み込ましておくとベニ
ヤが割れることがありません。

page04-04.jpg (28911 バイト)

■サーボをサーボ用固定ビスで固定します。ここではオプションパー
ツのジュラ製サーボ木ネジ(IM製 #25612)
を使用しています。

page04-05.jpg (22644 バイト)

■エルロン用エキスパートホーンの取り付けは、エルロン上面ヒンジ
中央位置から10mm後縁側にエルロン面に対して直角に3mmのドリ
ルで穴を空けて下さい。

page04-06.jpg (22703 バイト)

■エルロンはテーパーが付いていますからエルロン上面に対して直
角に空けられた穴は仮面ではヒンジ側(前縁側)に傾斜した形で空く
ことになります。(空けた穴には低粘度瞬間接着剤を染み込ませて
補強を行ないます)

page04-07.jpg (20015 バイト)

■傾斜の角度分デルリン製の受け台を削って下さい。(デルリン製で
すのでサンドボード等で容易に削ることが可能です)

page04-08.jpg (18963 バイト)

■上記の寸法で加工しホーンを付けた状態はヒンジライン中央上に
作動点が来るために差動の無い動きが得られます。
なお、ホーンスクリューとエルロン材と接着のためにエポキシスクリュ
ーに塗ってねじ込んで下さい。また、デルリン製受け台とスクリュー
には瞬間接着剤(低粘度)を付けて下さい。それらにより空回りを防
ぐことが出来ます。

page04-09.jpg (19519 バイト)

■サーボホーンとエキスパートホーンをロッドアジャスターで連結しま
す。なお、サーボ側はZベンダー等を使用して加工しても良いのです
オプションパーツのBB/ロッドエンド(IM製 #23302)を使用するとより
確実でスムーズな動作が得られます。