--------------------------------------------------------------------------------

★コルセア・ウィークエンド・スペシャルは・・・・

1970年代に25(2CYC)クラスのバルサキットで発売され、セミクラシック・ホームビルドプレーン風の優雅なスタイルと万偏ないスポーツアクロフライトの性能で人気を博しました。前回作では手ごろな50(4CYC)サイズでフィルム仕上げのIM/ETA(Easy to Assemble)キットとして登場しました。今回は更に再設計小型化したミニ・ウィークエンド・スペシャとして電動400クラス及び07グローエンジン版としてリリースしました。長年待ち望んでいたサンレントフライヤーにピッタリの飛行機です。
飛行機野郎の郷愁を誘わずにはおかない本機のスタイリングはフライトだけでなく、お部屋の壁掛けなどのデコレーションとしても優雅な雰囲気をかもし出してくれます。

これから具体的に組み立ての様子を紹介いたしますが、お手元にある「組み立て/フライト説明書」の補足としてご覧頂くとよりわかりやすと思います。


--------------------------------------------------------------------------------

■左右主翼の接着と、胴体との組み合わせ、尾翼の取り付け

■仮組みして正しく繋がるかを確認しカンザシを挿し込みエポキシ接着剤で固定する。その際にマスキングテープを貼っておき、中央の接着ではみ出たエポキシ接着剤を指先で平らにしてからテープを剥がすと綺麗に仕上がる。

■エポキシ接着剤の硬化状態に注意し、固まりかけてまだ多少動かせる状態の時に主翼の捩れ上半角を再確認し修正しながら圧着して硬化を待つ。上半角は画像のように中央に糸を張り30mmに設定する。

■尾翼を仮組みして主翼取り付けアライメントを確認する。持ち著しく違うようであれば左右の寸法が同じになるように主翼取り付けネジの穴を広げて調整する。

■後ろから見て主翼と水平尾翼の間隔が同じようになるように調整する。

■主翼止めの大型ワッシャーを瞬間接着剤で固定する。

■主翼へのエルロン取り付けはヒートヒンジ片側4枚で行う。

■主翼とエルロンに隙間が出ないようにエルロンを押し付けながら瞬間接着剤(低粘度)をヒンジ溝に滲みこませて接着する

■主要のアンダーカバーを瞬間接着剤で固定する。