■主翼と胴体を合わせる

上記画像のように主翼の翼端から胴体後端中庸部までの寸法を確認します。

ウイングボルト補強版の中央部に切り込みを入れます。

このように上半角に合うように割らないように注意して折り曲げます。主翼の取り付け寸法に差異があった場合はこの段階で、主翼の穴を広げ左右均等になるように調整し補強版を接着します。

正しい取り付け位置に補強版を接着するために鉛筆でマークしておきます。

マーキング部分のフィルムをはがすか、もしくは画像のように針でフィルムに穴を無数に空け接着剤を滲みこませ、補強版をつけても強度的には何ら問題はありません。

周りからも接着剤を流し込んでおきます。