■舵面とヒンジ

ヒンジ平面の両端を#100程度の荒いサンドペーパーで荒らしてからありまげて軽く動くようにしておきます。

差込部分を切れ込み溝に沿って3mm×15mm程度の大きさにフィルムを切り取ってバルサ面を出しておきます。

 

各動翼にヒンジを差し込んで接着剤を流し込みます。

動翼と固定翼との隙間nないようにしかも軽く動くように接着してください。

ラダーエレベータも同様に接着します。