主要と胴体を正しく直角に取り付け、主翼に対して水平尾翼(平面・正面共に)取り付ける。その上で垂直尾翼を水平尾翼に対して垂直に取り付ける

水平尾翼を修正する場合は胴体側を削って行います。

ウイングボルトの受けを接着します。仮止めし印を付けてその内側のフィルム部分を針で穴を開けます。

ボルトを入れて周りから低粘度瞬間接着剤を流し込みます。

左右行います。

主翼のカバーに当たる場合は角を削って下さい。

カバーにボルト穴を空けます。

現物合わせで少しずつカバーを削っていきます。

低粘度瞬間接着剤で止めてください。低粘度瞬間接着剤は流れやすいので少量づつ丁寧に行います。