クリアーカウルを実際に当ててみてカットする部分をおおよそマークします。

ルーターなどを使用して削っていきますが、何度も現物合わせで行うことが綺麗に仕上げるコツです。

マフラー部分は取り付けエンジンに合わせて行いますが、マフラーに当たらないように少々余裕を持ってカットすると良いでしょう。

スピンナーのバックプレートをエンジンに取り付けてカウリングを正しい位置にセットします。付属のタッピングビスで固定しますが、下穴に低粘度瞬間接着剤を染込ませておくと後々ネジ穴がバカになりません。

ノーズギヤー部分もこのようにカットします。

エンジン後部は燃料パイプを配管しますので大きめにカットしてください。

エンジンのスロー調整用のスクリュー部分も削っておいて下さい。